現代は、青汁で野菜不足を簡単に解消できる時代です

私は野菜がとても苦手でした。無理やりブロッコリーなどを食べるのが辛くて、気が付けば野菜不足。口内炎や吹き出物がたくさんできて、便秘もひどく、自分に自信が持てずに過ごしていました。そんな時に、青汁で野菜不足はある程度解消できると知り、さっそく試してみたのです。青汁というと、一昔前の「まずい!」というCMが思い浮かび、あまりいいイメージがなかったのですが、今の青汁はとても飲みやすくて驚きました。私は飽きが来ないように、粉末の青汁を使ったり、ケールの液体の青汁を使い分けています。

粉末のほうは、お水や豆乳でシェイクして飲んだり、フルーツのスムージーに加えたりしています。そうすると青臭くなくて、とてもおいしく飲むことができます。あとは、ヨーグルトにかけたり、米粉のホットケーキを作るときに混ぜています。健康的でおいしいおやつになります。ケールの液体の青汁は、便秘がひどいときにそのまま飲んでいます。そうすると数時間後にお通じがあります。ケールは少し癖がありますが、効果を最大限に出すために、原液のまま飲むことをお薦めします。

青汁は朝の空腹時にのみ、そのあとお水を飲むとおなかが膨れてダイエットにもなります。今も、朝は青汁を飲んでいます。そのおかげで、便秘も解消し、お肌もきれいになりました。今後も続けていく予定です。

ふるさと青汁は買ってはいけない?